line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.17
 11月8日のしんぽれんのテーマは、”自主保育と仕事”でした。
 仕事と自主保育を両立されている方は、どのような工夫をしてやりくりしているのか?

 参加者の感想をご紹介します。


今回のしんぽれんミィーテングのテーマは、「自主保育と仕事について」でした。(みなさん子育てという仕事をしていますが、今回の話し合いでは「仕事」を「収入を得る仕事」と定義しています。)

集まった自主保育団体の中には、働いている親が参加している団体も多数あれば、仕事をしている親は参加できないというルールを決めている団体もありました。

働いてる親の参加している団体では、あずけ合いのシフト決めや送り迎えなどで他のメンバーが協力しながら、自主保育と仕事を両立できる環境をみんなで作っているとのことでした。しかし、このような協力関係を築くためには、相手が誰でも良いという訳ではなく、「信頼ができる」、「熱意がある」、「(時間、思い、責任など)分かち合いができる」という条件があってこそのようです。

このように自主保育の各団体ごとには、自分たちの作り出している保育環境を守るため、受け入れられる限界やルールが存在しているのが実情です。しかし、自主保育という活動自体は、参加する親子によっていくらでも新たな広がりを作ることができます。もし平日フルタイムで働いていても自主保育をしたい人がいれば、そのメンバーで週末に活動する自主保育の団体を作ることもできるのでは、という話もありました。

その他にも思いを持つ親達によって新たな活動団体がたくさん生まれていくことを、しんぽれんとして期待し、知恵や情報の提供など協力できることはしたいという思いを確認し合いました。今後も伸び伸びとした自主的な子育てを私たち一人一人が実践し、協力し合うことでより広めていければと思います。


(駒沢おひさま会/しみず)


スポンサーサイト
line-s
11.04
次回のしんぽれん定例会は

11月8日(金) 10:30~12:00

場所は羽根木公園内 羽根木プレーパーク

です。

 テーマは、”自主保育と仕事”です。
 仕事と自主保育を両立されている方は、どのような工夫をしてやりくりしているのか?
 そのほか、女性と仕事について広く話せたらと思っています。

<松本>
line
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。