line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
04.14
 しんぽれんとは?
  発足は1980年。
  しんぽれん(新しい保育を考える会)は、東京近郊で活動している自主保育グループのネットワークです。

  ◇毎月ニュースレターを発行しています。
  ◇月に一度、定例会を開催。他の会との交流や情報交換のほか、新しい会の立ち上げを支援しています。
  ◇子育てについての学習やワークショップなどの開催(メンバー以外も参加できます)。

 自主保育とは?
 「自主保育」とは、緑地や公園、プレーパークなどを拠点に親たちがグループをつくり、交代で子どもを預かりあいながら、地域の中に子どもの育ちの場をつくる活動です。

 都市化が進み、“遊んでいい自然”が子どものまわりから消えようとしている今、私たちは外遊びを通して子どもたちが身近な自然で遊ぶことを大事にしています。

 幼稚園・保育園は義務教育ではないので、小学校入学までの子どもを対象に活動している自主保育グループが各地にあります。

詳しくはHPをごらんください。しんぽれんホームページ
スポンサーサイト
line
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。